知のトライアスロン知のトライアスロン

いちだい知のトライアスロンとは、
学生に「知る」・「考える」・「伝える」力と幅広い教養を身に付けさせることを目指す読書、映画鑑賞、美術鑑賞推進事業です。
  • 推薦コメント投稿


    学生、教員の方はこちらをクリックして推薦コメントを投稿(登録)してください。
  • 推薦作品検索


    推薦作品を検索したい方はこちらをクリックしてください。
  • 3学部合同基礎演習
    講義レポート提出は、
    ここから
    学生の方はこちらをクリックして講義レポートを提出(登録)してください。

最新のコメント

  • 図書
    1
    西順一郎/宇野寛 - かんき出版
    ジャンル: 社会科学 / 経済
    • 更新日:
      2019/10/22 14:32
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      0いいね
      おススメ度:
       管理会計に数量情報を加えたMQ会計についてわかりやすく噛み砕かれた良書です。損益分岐点が4つあることや経営分析より利益感度分析を行った方が経営の際に意思決定を行いやすいことが書かれています。
       さらには、経営安全率について、売り上げの減少に耐えられることをあらわしているのでは全文表示
  • 図書
    3
    白石昌則著 - 講談社
    ジャンル: 哲学 / 倫理学.道徳
    • 更新日:
      2019/10/22 14:23
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      0いいね
      おススメ度:
       東京農工大学の生協で勤務の白石さんが掲示板を使って学生とやりとりしていることを本にしたものです。「生協であれこれ入荷してほしい」という要望に対して、誠実に答える白石さん。機知に富んだ白石さんの返しは面白く、読んでいてとてもほっこりします。生協の意見箱としてだけではなく、学生にと全文表示
  • 映画
    6
    ガス・ヴァン・サント監督 - SHV松竹ホームビデオ
    ジャンル: 映画 / 映画
    • 更新日:
      2019/10/22 14:17
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      0いいね
      おススメ度:
       天才少年ウィルの心が心理療法によってどのように変化したかに注視しながら映画を見ました。心理療法というと何か堅苦しいイメージがありますが、やっていることは人間関係を築く上で大切なことであり、ごくシンプルなことであるのだと思いました。もちろん、頭で理解するのでできるようになるのでは全文表示
  • 図書
    1
    中島義道 - 岩波書店
    ジャンル: 哲学 / 倫理学.道徳
    • 更新日:
      2019/10/18 17:44
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      1いいね
      おススメ度:
      死そのものを探求するために、有と無、在と不在を先に明らかにしないといけない。死者は今の時点で、不在という無の状態である。数学の記号では無を「0」で表すけれども、無を有意識化して記号の標準化するをするのが不思議なものだ。そして、不在というのはここにあるはずの物事が理屈通り表れていな全文表示
  • 映画
    1
    ナディーン・ラバキー
    ジャンル: 映画 / 映画
    • 更新日:
      2019/10/18 10:30
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      1いいね
      おススメ度:
      「両親を告訴する。僕を産んだ罪で。」
      とういう予告の言葉が強く胸に刺さり、見に行こうと思った。
      小さな少年ゼインが必死に弱きものを守ろうと生きる姿はたくましくもありどこか切ない気持ちにさせられる。中東の貧困の状況がどれほどか今まで知らなかった。この映画に映し出されたものがすべ全文表示
  • 映画
    1
    クリストファー・ノーラン
    ジャンル: 映画 / 映画
    • 更新日:
      2019/10/17 21:36
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      0いいね
      おススメ度:
      「バットマン・ビギンズ」「ダークナイト」の続編であり完結編である「ダークナイト・ライジング」。
      「ダークナイト」で思い切り絶望に突き落とされたせいで、非常に見るのが怖かったが、今回は完結篇らしい素敵な終わり方だった。もちろん不安で心臓痛いときもあったが、やはりバットマンはヒーロ全文表示
  • 映画
    1
    三谷幸喜
    ジャンル: 映画 / 映画
    • 更新日:
      2019/10/16 23:31
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      0いいね
      おススメ度:
      初めて市内の八丁座で映画を見ました。おじいちゃんおばあちゃんが多くて、これまでは少し入りづらく感じていたのですが、見に来られている方みな始まるまで真剣に今後上映される作品のパンフレットや予告をご覧になっていて、その中に混じるのは楽しかったです。
      この映画はディーンさんが出ている全文表示
  • 映画
    1
    伊藤智彦
    ジャンル: 映画 / 映画
    • 更新日:
      2019/10/16 23:19
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      0いいね
      おススメ度:
      非常にアニメーションがきれいな映画。アニメ監督には詳しくないが、有名な方らしい。
      最近のCGを使ったアニメーションはこんなに綺麗に動くんだなと感動するレベル。やはり、迫力のあるアニメーション映画は家の小さなテレビではなく、映画館の大画面で見るものだなと改めて思った。
      また、曲全文表示
  • 図書
    1
    スティーブ・パーカー著 ; アンドリュー・ベイカー絵 ; 千葉啓恵訳 - ディスカヴァー・トゥエンティワン
    ジャンル: 自然科学 / 医学.薬学
    • 更新日:
      2019/10/13 04:43
      【学生】(芸術学部)
      リプライ: 0
      2いいね
      おススメ度:
      本書では、人間の仕組みがわかりやすいグラフィックデザインで解説されている。興味を引くコピーもさることながら、話の展開が実に見事で思わずのめり込まずにはいられない。ページに釘付けになったところで、自分の身体の不思議さに立ち返りハッとする。

      普段自分の身体がどんな機能を持ってい全文表示
  • 図書
    1
    今村夏子 - 朝日新聞出版
    ジャンル: 文学 / 日本文学
    • 更新日:
      2019/10/13 04:42
      【学生】(芸術学部)
      リプライ: 0
      0いいね
      おススメ度:
      子どもの頃の意識に帰れる作品。あの茫漠とした時間の揺らぎは奥ゆかしくも懐かしく、胸につかえる残響が心地いい。

      宗教と思想は連結していてそれが人間形成に大きく関わっているが、本書では模索し懐疑する主人公ちひろと、そこに取り巻く不可解で脈動に満ちた出来事を体験することができる。全文表示