知のトライアスロン知のトライアスロン

いちだい知のトライアスロンとは、
学生に「知る」・「考える」・「伝える」力と幅広い教養を身に付けさせることを目指す読書、映画鑑賞、美術鑑賞推進事業です。
  • コメント投稿
    学生、教員の方はこちらをクリックして推薦コメントを登録してください。
  • 推薦作品検索
    推薦作品を検索したい方はこちらをクリックしてください。
  • 講義レポート登録
    学生の方はこちらをクリックして講義レポートを登録してください。

最新のコメント

  • 図書
    3
    ダニエル・キイス [著]、小尾芙佐訳 - 早川書房
    ジャンル: 文学 / 文学
    • 更新日:
      2018/06/22 19:12
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      1いいね
      おススメ度:
       主人公のチャーリーは32歳ながら知能は幼児並みの知的障害を持った人物。しかしチャーリーは、大学の教授から特別な手術を受け、見る見るうちに天才的な人間に成長することに。ずっと賢くなることを望んでいたチャーリー。しかし、知能指数が上がるにつれ、過去に自分が受けてきた仕打ちを思い出し全文表示
  • 図書
    1
    星新一著 - 新潮社
    ジャンル: 文学 / 日本文学
    • 更新日:
      2018/06/22 19:00
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      0いいね
      おススメ度:
      ノックの音が。から始まる、短編をまとめた作品。一つとして読者の予想通りにいかないストーリーには毎回、驚かされます。星新一、独特の世界観を堪能してはいかかでしょうか。
  • 図書
    4
    D・カーネギー著 ; 山口博訳 - 創元社
    ジャンル: 哲学 / 倫理学.道徳
    推薦教員: 西 正博(情報)
    教職員推薦
    • 更新日:
      2018/06/22 18:46
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      0いいね
      おススメ度:
      どうしたら人に好かれるか。どうしたら人を説得できるか。一つ一つの事例を通して、その極意を学ぶことができる実用書です。今も昔も変わらないコミュニケーション術を体感してください。
  • 映画
    11
    片渕須直監督, こうの史代原作 - 東京テアトル
    ジャンル: 映画 / 映画
    推薦教員: 鈴木 祐介(情報)、井上 伸二(情報)
    教職員推薦
    • 更新日:
      2018/06/22 18:31
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      0いいね
      おススメ度:
      この作品は、二次世界大戦当時広島住民たちの暮らしを現実的に描いた作品で、日本文化庁メディア芸術祭映画部門で優秀賞を受賞した著者の同盟漫画を原作に製作された映画であります。内容は、広島出身のお絵かきが大好きな主人公である鈴が暮れにお嫁に行ってお子での平凡ながら幸せな生活を過ごすとと全文表示
  • 美術展
    1
    ㇲタニㇲラス・レビーヌ
    ジャンル: 美術展 / ひろしま美術館
    • 更新日:
      2018/06/22 17:58
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      0いいね
      おススメ度:
      私は、フランス近代美術を観想したいので広島美術館に行きました。この絵を描いたㇲタニㇲラス・レビーヌは印象派の周辺で活動したフランスの画家であります。パリの風景やセーヌの光景を描き続けました。そしてこの絵は最初の印象派展にも出品しています。様々の作品の中でこの作品が印象的だった理由全文表示
  • 図書
    1
    ユン・ホンギュン - シンプルライフ
    ジャンル: その他 / その他
    • 更新日:
      2018/06/22 17:41
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      0いいね
      おススメ度:
      精神科医師であるユン・ホンギュンが現代人たちが毎日経ている仕事、人間関係、恋愛のようなことのため、ずっと不安な感情をもっているなら、自尊感を点検する必要があると考え、人々に自分たちの自尊感がどんなに価値があるのかを授業の形式で教える内容である。まず、自尊感が私たちの生活に及ぼす影全文表示
  • 映画
    2
    Priit Pärn (プリート・パルン)
    ジャンル: 映画 / 映画
    推薦教員: 有持 旭(芸術)
    教職員推薦
    • 更新日:
      2018/06/22 17:37
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      0いいね
      おススメ度:
      私はこの映画を鑑賞して、冷戦直後に製作された作品ということもあり、西側陣営(アメリカ側)と東側陣営(ソ連)の対立の様子を感じ取った。特にそれは第3プロローグである「アメリカンドリーム」で顕著に見られた。
      第3プロローグではカラフルな部屋と人間がアメリカ側を表し、薄暗いモノクロの全文表示
  • 図書
    2
    岸見一郎, 古賀史健著 - ダイヤモンド社
    ジャンル: 哲学 / 哲学
    • 更新日:
      2018/06/22 17:20
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      1いいね
      おススメ度:
      この本の概要は、アドラーの心理学を勉強した哲学者とある青年との対話中でアドラーの心理学を簡単に理解することができる本です。この本は、私が日本に留学をして何も知らなかったときに日本人の友達とどうやって生活しながら勉強すればよいのか迷っていた時にゴールデンウィークに韓国に帰った時に読全文表示
  • 美術展
    8
    広島市立大学芸術資料館
    ジャンル: 美術展 / 美術展
    推薦教員: 藤江 竜太郎(芸術)
    教職員推薦
    • 更新日:
      2018/06/22 15:30
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      0いいね
      おススメ度:
      私は、今まで芸術鑑賞をする機会がなく、芸術鑑賞というと堅苦しいイメージがあり、苦手意識を持っていました。しかし、今回彫刻作品を鑑賞して芸術作品は自分が思っているよりも、親しみやすいものなのかもしれないと思いました。私は芸術作品というと作者がすべて作ったものでなければならないものだ全文表示
  • 図書
    1
    さくら剛 [著] - アルファポリス,星雲社 (発売)
    ジャンル: 歴史 / 地理.地誌.紀行
    • 更新日:
      2018/06/22 10:01
      【学生】(国際学部)
      リプライ: 0
      3いいね
      おススメ度:
      この本はインドが大好きな先輩から借りた。読み始めると、トイレをした後は自分の左手で拭くとか、インド人はむちゃくちゃ嘘つくとか、とにかくありえない事がインドでは日常で経験できると分かった。この本はインドに行かなくてもインドのいいところも悪いところもわかる。また、自分の目で見て自分の全文表示